ホームページ制作 Hoosier's Blog 2005年01月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
米通信会社SBC、AT&Tを買収 1兆6千億円で
気になるニュース。 米通信会社SBC、AT&Tを買収 1兆6千億円で(asahi.com) http://www.asahi.com/business/update/0131/087.html うちの電話線はSBCから引いている。 この買収が、SBCのサービス向上、価格低下をもたらしてくれることに期待。
スポンサーサイト
2005/01/31 21:50 | IU & Bloomington | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
感謝
自分が今、ここで、価値ある毎日を過ごせているのは、自分を支えてくださっている方々あってのこと、 ということを、努々忘れることなく、一瞬一瞬、生きていこう。 そう、強く思った、今日一日だった。 どうもありがとうございます!!
2005/01/31 16:03 | Weblog | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
やさしいJava
やさしいJava
高橋 麻奈

ソフトバンクパブリッシング 2002-03
売り上げランキング 1,565
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
先日4冊届いた本の2冊目は、これ。 プログラミング自体は学部時代にかじったことはあるが、はっきり言って自信がないから、 Javaの勉強をきっかけに、1からやりなおしてみる。 この本は、具体的なJavaの内容に入る前に、プログラミング全般についての解説も詳しいため、 復習も兼ねて勉強し、きちんと「理解」しようと思う。 今日はこれから日本語学校。 先週も雪で休校だったため、子どもたちに会うのが楽しみ。 今日を最後に、日本に帰国する児童がいるから、簡単なお別れ会もやる予定。 Gmail、あと3人分あります!
2005/01/29 19:45 | IT・コンピュータ・Web | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
Gmail招待中。
Gmail 以前、Gmailアカウントをプレゼントしていましたが、 数日ぶりにGmailをチェックしたら、また、招待権利が手に入ってました。 アカウント取得ご希望の方は、こちらからメールをお送りくださいませ。 その際、Hoosier's Blogに対するご意見、ご感想なども、教えてください!
2005/01/29 07:50 | Weblog | コメント(0) | Trackback(2) | pagetop↑
技術は「使うてナンボ」の世界でしょ(IT Pro 記者の眼)
技術は「使うてナンボ」の世界でしょ http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20050124/155140/ まさにタイトルの通り。 この中に出てくる「電力線通信」は、学部時代所属していた研究室の教授の専門分野。 確かに、教授はいつも、「法律が問題で、実験すらさせてもらえない」と嘆いていた。 日本の技術レベル、研究レベルは高いはずだ。 しかし、それを実用までこぎつけるためのハードルがあまりにも多いのではないか。 高等教育機関での研究が、ただの「研究」で終わっていて、 実際に世の役に立っていない場合も多い気がする。 「産学連帯」という言葉もよく聞くようになったが、実現されているのはごく一部。 日頃から日本について、「もったいないこと」が多い国だと思っている。 この表現で、うまく伝わっているかは自信がないが…。 違う思惑を持った人の集まりだし、既得権益を手放したくない層が「強い」し、 理想通りにことが進まないのはしょうがないかもしれない。 しかし、この「もったいない」と感じているような部分が変わっていかないと、 日本、という国が、もっと魅力を失っていってしまう気がする。 曖昧な言い方になってしまったが、自分が留学している理由、 こっちで勉強しながら思索し、気が付いたこと、などとも関係してくるから、 また、整理しながら、ここに書いてみようと思う。
2005/01/28 17:45 | Weblog | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
「誰もやってない 驚く事やりたい」(井上雄彦氏)
SLAM DUNKが始まったのは小学校高学年の頃。 その影響は大きく、バスケ部の部員が激増した。 かくいう自分も、中高6年間、バスケ部で過ごした。 バスケ経験者じゃなくてもSLAM DUNKを楽しんだ人は多いだろう。 それまでバスケのマンガ化は難しいとされていたが、実際にやりのけてしまった井上雄彦氏。 去年8月には、在京6紙に1億冊突破全面広告を出して話題になった。 ご存じ、「宮本武蔵」についてのマンガ、「バガボンド」の作者でもある。 バガボンドも読んでいるのだが、刺激され、1年ほど前、吉川英治氏の「宮本武蔵」も読破した。 歴史を苦手とする自分にとっては一大事。 そのバガボンドと井上氏についての話題、発見。 「バガボンド」井上雄彦さん 「誰もやってない 驚く事やりたい」(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20050126bk06.htm 「僕の漫画は常に、ある人の人生の一部を切り取って見せている。何かの結論に向かって描いてはいない。だから『終わり』はないんですよ」(井上氏) この記事で、バガボンドが今は休載中ということ、「BUZZER BEATER」のアニメ化を知った。 知らない間に、色々なことが起こっている…。 ところで、SLAM DUNKだが、実は、アジアからの留学生たちとの会話に、驚くほどでてくる。 各国語に翻訳され、アジア中でも大人気らしい。 ジムでバスケをしていて新しい友達ができると、決まってSLAM DUNKネタになる。 キャラクターの名前が違っていても、 「あの髪が赤いやつ」「ゴリラみたいなやつ」「いつも寝てるやつ」と言えばすぐに通じて、かなり盛り上がる。 正直、日本発のマンガがこれだけ受け入れられていて、しかもその話題で友達と盛り上がれること自体、非常に嬉しい。 SLAM DUNKは、何度読み返したかわからない。 涙を流したこともある。 間違いなく、マイベストマンガ、である。 そうだ、これを機に、今、読んでいる本以外に、お勧めマンガも紹介していこう。
2005/01/28 17:30 | マンガ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
英語になった日本語
List of English words of Japanese origin http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_English_words_of_Japanese_origin
2005/01/28 16:48 | Weblog | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」
stapa   スタパ齋藤 「おもしろ・べんり」サイト筆頭、 スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」 で、「ヒッサビサの俺的ボーダフォン端末「Vodafone 702NK」」というエントリ発見。 帰国後の携帯機種、何にしようかまよっているだけに、面白かった。 95年から、Panasonicの端末を一筋に使い続けてる身としてはprosolidも気になるし… premini-Ⅱも気になるし… ま、実際に買うときにはもっと違う機種もでていることでしょう…。 というわけで、しばらくおあずけ。
2005/01/25 16:27 | おもしろ・べんり | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
Aver's Pizza
?ã????Aver's Pizza? ?????ξ???Τº??ä ?Τ?Signature Pies???å????4? CreamAndCrimson Cream & Crimson - Winner of the Exotic Pizza category at the 1999 Pizza Festiva in Las Vegas TheParthenon The Parthenon - Winner of the Vegetarian Pizza category at the 2000 Pizza Festiva in Las Vegas BeckonDesire Beckon Desire - Winner of the vegetarian category at the 2001 Chicago Pizza Expo VeggieDeluxe Veggie Deluxe 4?????? ?ã2??4??8Υ?2?褻?餤1??Ŀ? ?????Τ ?? ??????ä Bloomington????
2005/01/24 14:43 | IU & Bloomington | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
Introduction to Management Science
もう1冊は、今学期とっている、Management Science for Public Affairsの教科書。 Introduction to Management Science
Bernard W., III Taylor



Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
textbook superstore(Half.com)」で購入。 Amazon.co.jpでは、今、13,974円らしいが、Half.comから$53.64で買った。 期待以上に面白そうな授業。さっそく、今週提出の課題がでているが…。 詳細は、また後日。
2005/01/23 17:49 | Study | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
100億稼ぐ超メール術 1日5000通メールを処理する私のデジタル仕事術
本日、本が4冊到着。まず1冊ご紹介。 (実は↓の「だいしろーのWeblogとか」で紹介されていたのを見て買った)
100億稼ぐ超メール術 1日5000通メールを処理する私のデジタル仕事術
堀江 貴文

東洋経済新報社 2004-11-26
売り上げランキング 978
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
具体的なメール術、ノウハウより、 「既存の流れをそのまま受け入れず、疑問を持ち、考え、実際に変えていく」 という、根底に存在する信念が面白かった。 まだ社会人にはなっていないが、例えば、大学院のクラスでグループプロジェクトがあると、 そのミーティングを頻繁に行うが、メールだけで済むような内容のことも多い。 企業に勤め始めたら、なおさらそういうことが多くなるのかもしれない。 その時に、「そういうもんだ」と簡単に受け入れてしまわないように、心がけねば。
2005/01/23 17:20 | ビジネス | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
?ã?? - ??Weblog??by ?? mixi??
いきなりですが、だいしろーに招待してもらい、mixiを始めました。 mixiについては後日書くとして、今日はだいしろーのご紹介。 だいしろーは、大学(工学部)同期、お隣の研究室の友達で、今は博士課程で研究中の熱い男。 こよなくラーメンと自転車を愛し、Web上の「自慢」には、 「チャリに乗りながら、寝そうになったことがあります」 って。さすがにバスケしながら寝そうになったことは…ないな…。 とにかく努力家で、まっすぐで、大尊敬してます。 そんな彼の、「だいしろーのWeblogとか」は、写真、ラーメン情報、IT情報等々、かなり充実。毎日チェック。 このWeblog上で、自分のことが紹介されていた(本名、ばればれ?)。 その中で、 「再会するたびにお互いのがんばりを見ることが出来て、お互い刺激しあえて、お互いの健闘を祈りあえる友達が居るってのは、本当に幸せだなと思います。 そうだな、自分が大学で一番得たものは、やっぱり良い同期や先輩、後輩や先生との出会いだと思うなー。学部もクラブも実行委員も、いろんなことやっていろんな人に知り合えて本当に良かったと思います。友達は財産だな。本当にみんなありがと。改めて感謝。」(だいしろー) ってあるけど、本当に「友達は財産」だと実感する日々。 同じく、みんなに、改めて感謝! だいしろー、5月に大学遊びに行くから待っててね! だいしろーのWeblogとか http://succ.bbzone.net/MT/ mixiユーザー30万突破、2カ月で10万人増 http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0501/21/news053.html
2005/01/23 16:58 | Weblog | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
フォンカード情報
blackstone BB!フォンの登場により、日本からアメリカへの通話料は、3分7.5円となり、 日本国内の携帯同士での会話よりも安くなった。 アメリカに来た当時(2002年6月)、日本に電話をかける時は、オリエンタルスーパーで プリペイド方式のフォンカードを購入し、使っていた。確か、1分30セントくらいかかっていた。 きっと、もっと安いカードがあるはずだ、と、オンラインで探してみたら、発見! Phonecard Onsale http://www.phonecardonsale.com/ 日本へのレートが1番安いのは、「Black Stone」というカード。 レートは流動的なのだが、$18.5で585分。 1分3.2セント! 通話1回につき、通話接続料が25セントかかってしまうから、短い電話を頻繁にすると損をしてしまうが、 うまく使えば、日本からのBB!フォン(や他のIP電話)と、大差ない通話料だ。 こんなフォンカードがあったり、Skypeがあったり、メッセンジャーがあったり… アメリカにいても、思っていた以上に日本とのやり取りが簡単だ。 大学時代、東京に住んでいたときよりも、親とのやり取りは頻繁かもしれない。 そう言えば両親、このBlogの読者でもあるらしい
2005/01/22 14:12 | おもしろ・べんり | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
Picasaは使える! - Googleの画像管理&編集フリーソフト
picasa Googleが提供するPicasaにバージョン2.0が登場。 http://www.picasa.com/ 日本語ファイル名が文字化けしてしまう、という点を除けば、完成度の高いソフトだ。 フリーソフトとは思えない仕上がり。 バージョン1.0公開時のものだが、MYCOM PC WEBにレビュー記事がある。 デジタル写真を紙焼きのように扱える画像管理ソフト「Picasa」 http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2004/11/11/picasa/ 試しに自分のPC内、すべての画像データをスキャンしてみたら、約6000枚もあったのだが、 他の作業をしていても気にならないスムースさで、快適に動いてくれた。 ↑のレビューに、 「Picasaを使って最初に感じる、従来の画像ソフトともっとも異なる点は、サムネイルの展開がシームレスで、フォルダごとの切り替えになっていないことである。逆にいうと、従来のソフトは、Windows標準のエクスプローラに始まり、ほぼすべてが、ほとんど無批判に、フォルダごとに切り替えて内容を表示していた。」 とある通り、フォルダを意識せずに、時系列ですべての写真をサムネイル表示してくれるので、 非常にありがたい。大量の写真の中から、特定の1枚を探すような場合、 今までだと、「記憶」にたよって、適当なフォルダを開いてみて、 違ったら、その前後のフォルダを開いてみて…という作業をしていたが、 Picasaであれば、マウスのスクロールボタンを上下しながら眺めていればいい。 写真を大量に撮影、管理する人には、かなりお勧め。
2005/01/21 04:26 | Software | コメント(2) | Trackback(1) | pagetop↑
[memo] スカイプる、stylog
スカイプる http://www.metamix.com/skype/modules/news/ stylog http://stylog.jp/ タイトルに[memo]がついている場合は、自分用のメモ。
2005/01/21 04:20 | Memo | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
Gmailのアカウント、プレゼント中!
先日、Net York Watchを運営されているひろさんから、Gmailに招待していただき、アカウントを取得しました。 Gmailは去年始まったサービスで、容量は1GB。 Yahoo!やHotmailが大幅に増量するきっかけとなった、Googleが運営するメールサービスで、まだベータ版。 現在も、Gmailユーザからの招待がないと、アカウントを取得できないが、 その招待権利がいくつかあるので、ご希望の方に差し上げます。 Lastname、Firstname、メールアドレスをメールで、または、ここのコメントでお知らせください。 Net York Watchは、綺麗な写真があったり、 PDAの日本語化について書いてあったり、とても楽しく、いつも更新を楽しみにしているBlogの1つです。 ※追記 Gmailへの招待権利、終了しました。 また権利を得たら、ここでお知らせします。
2005/01/20 10:45 | Weblog | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
パソコンで外部音声を録音しよう - 「通訳者を目指して」(by Ken Adams)
人気メールマガジン、「The English Times」を運営するKen Adams氏のBlogで、 「パソコンで外部音声を録音しよう」というエントリがあった。 ここで紹介されている Sound Engine Free 午後のこ~だ などのフリーソフトは、リスニング教材を作るのに重宝しそうだ。 詳しくは、上記リンクを参照。 氏のサイトでは、ご存じ、大人気ドラマ、「フレンズ」に関するコンテンツもたくさんあり、面白い。 特に、「フレンズの英会話表現解説」や、「日本語訳付きスクリプト」は役に立つ。 英語学習に「フレンズ」を利用したい人、必見。 ↑で紹介した、「The English Times」も、フレンズを利用した英会話メルマガだ。 かなり前からメルマガは読んでいたが、久しぶりにサイト本体に行ってみて、かなり充実していたので、ご紹介。
2005/01/19 12:00 | 英語・留学 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
無料で10GBのストレージサービス
アメリカのStreamloadは、これまで1GBだった無料のオンラインストレージを 10GBに増量 した。さっそく、アカウントを1つ作り、試してみたが、なかなか便利そうだ。 ドキュメント、音楽や写真ファイルのアップロードは10GBまで可能で、 無料サービスでも、毎月、100MBまでダウンロードできる。 また、例えば写真を共有する場合、アップロードした写真をダウンロードするためのリンクを、 Streamload上のメール送信ツールを使って、登録した自分のメールアドレスからお知らせできる。 今までは、似たようなサービスでは、YouSendItを使ってきた。 これは、1GBまでのファイルを1週間までアップロード&ダウンロードできるようにするものだ。 ダウンロード容量の制限はないため、多数の人に、大きなファイルを配布したい場合、 短期間であればYouSendItの方が重宝するだろう。 StreamloadとYouSendIt、目的に応じて、うまく使い分けたい。 Streamload、無料で10GBのストレージサービスを開始(MYCOM PC WEB) http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/01/18/007.html
2005/01/19 02:08 | おもしろ・べんり | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
友達サイト紹介 - 「シマグニズム」(by へろしぇ)
愛する後輩、へろしぇが、彼のサイト、「シマグニズム」上で、さきほどのエントリ、 「ブログを書くインセンティブ」を引用し、ブログに対する考えを述べている。 「ブログに関しても、俺の思う最強の使い方はデータベースであると確信している。」(へろしぇ) 同意。 へろしぇは、日記部分こそ、相変わらずブログ化していないが、 他のコンテンツには、いくつかのブログを利用している。 シマグニズムの右フレーム内、「My Site Links」にある、 「S'izm Movie Archives」 「ネット遊びでホッと一息」 「おいしいものが食べたい」 では、映画について、食べたものについて、など、テーマ別に違うブログツールを使っている。 面白い使い方だ。読んでいる(読もうと思っている)本について、別ブログを作ってみようか…。 「ただ、line-height(行間)がない、文字サイズが小さい、および絶対固定ってのは、俺の考えるアクセスビリティからは及第点ですね(笑)」(へろしぇ) こんな、耳の痛い指摘も受けてしまったので、取り急ぎ、line-heightとフォントサイズを若干変更。 近々、アクセシビリティを大幅改善いたします。 ※もう1人の愛する後輩、まーくんも、「まーくんの日記帳 Ver.2」上でインセンティブについて書いてました。
2005/01/18 20:36 | Weblog | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
Blogを書くインセンティブ
今年の夏、1ヶ月半ほどお世話になった職場の先輩から、こんなメールをいただいた。 「Blogを継続して書き続けるインセンティブは何?」(要旨) ちょうどいい機会なので、ここで、Blogに関する自分の考えと、書き続けている理由を書いてみたい。 ○Weblogの特徴 ・敷居の低さ まず、ウェブサイトと比較して、作りやすい点が挙げられる。 2年ほど前、自分のウェブサイトを立ち上げた。 ウェブサイトを作る過程は、単純化すると、 サーバ確保→ページ作成→サーバへアップロード→定期更新&メンテナンス となる。サーバは学校のスペースを使い、ページの作成には、 ソフトウェアを使ってもっと簡単に作れることもわかっていたが、勉強のため、あえて、HTMLを手打ちした。 自分のウェブサイトを立ち上げてみたいが、難しそう、面倒くさそう、という理由で 作らなかった人も多いのではないだろうか。 対して、Weblogは、手軽に作れる。 もちろん、自分サーバにMovable Typeなどを導入し、好きなように手作りすることも可能だが、 そうでなくても、質の高いWeblogサービスは多く提供されており、 専門的知識がほとんどなくても、簡単に始められる。 ・インタラクティブ&パブリック性 ウェブサイトの場合、例えば日記に対してのコメントなどを作者に伝えたい場合、 メールか掲示板が活用されてきたが、そこでのやり取りは「閉じたもの」になりやすかった。 メールは当然として、掲示板の場合は、誰でもアクセス可能、投稿可能ではあっても、 直接知らない方が運営している掲示板に、いきなり参加するのには(少なくとも自分は)抵抗があった。 その点、Weblogの場合、特定のエントリに対してコメントを付けられるため、 初めて見つけたものにも、コメントを残しやすい。 (掲示板では、それまでの内容を全て読んだ上での発言が要求されている気がする) また、ウェブサイトの場合、他のサイトを紹介したときや、リンクしたとき、 その相手に「お知らせ」する、というマナーがあるが、それには、 わざわざメールを送る必要があった。 しかし、トラックバック機能の登場により、それも、半自動的にできるようになった。 ○インセンティブ ・個人用情報整理スペース 各ブラウザに「お気に入り」機能があり、よく見るサイトを登録しておけるが、きりがない。 何が、どう気に入ったのか、ということを書いておけるわけでもないし、 タイトルだけでは何のサイトだったのか、まったくわからなくなってしまうことも多い。 その点、何が、どう気に入ったのか、役に立ったのか、ということをBlogに残しておけば、 自分があとからアクセスするときに便利だし、自分のPC以外からでもアクセス可能だ。 特に、学校など、出先からでもインターネットを利用する機会の多い自分としては、 情報整理やメモのスペースとして、かなり役立っている。 ・共有 美味しいラーメンを食べたら、その店を、友達に勧めてしまう。 もちろん、友達も「美味しい」と思うかどうかは本人次第。 同じように、自分が面白い、役に立つ、などと思ったウェブサイト、本、DVD、音楽などを、他の人にも勧めたい。 その上で、その人が気に入るかどうかは、もちろんわからないが、 少なくとも、参考にしてくれる人はいるはずだ。 実際、自分が何か(特に値段が高いもの)を買うときには、 最近、他の人が何と言っているのか、調べてから買うようにしている。 こういった情報は、売っているメーカー側の言い分からだけではわからないし、 「ユーザ」としての意見が知りたい場合、その使用感などを公開しているBlogは参考になる。 ・Blogの可能性 実はこれが一番大きいのかもしれないが、Blogの可能性は非常に大きいと感じている。 マーケティング、社内コミュニケーションなど、ビジネスを目的にした利用法、 ネットワーキング、役に立つ情報共有、ユーザとしての意見交換など、個人的な利用法等々、 目的に応じて、色々なレベルで、活用していけると思う。 具体的には、もしかしたら、母集団のリテラシーにもよるが、メーリングリストや社内掲示板などよりも、 グループ共有のBlogの方が価値を生み出せるケースもあるのではないか、と思う。 このように、可能性のつまったBlogが、実際、使えるものなのかどうか、 ユーザとしても試してみたい、という気持ちが強かったため、 ウェブサイトの更新を完全にやめ、Blogに一本化した。 徐々に、ウェブサイトのコンテンツも、こちらに移行しようと思う。 ※追記 ブログに関する記事Index@All about http://allabout.co.jp/career/webproduce/closeup/CU20030117A/index.htm#blog 皆さんのBlog活用法、また、上記意見に対するコメントなど、お待ちしております。 メールはこちらから。
2005/01/18 11:17 | Weblog | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
Dr.コトー診療所2004
年末にDVDを見て以来、すっかりファンになってしまったDr.コトー診療所。 2004年11月に二夜連続で「Dr.コトー診療所2004」というスペシャルが放映された。 そのビデオを日本から入手してきたお友達から、昨日、お借りして、さっそく見た。 要ボックスティッシュ輦 ますます気に入った。 一気に、「マイベストドラマ」に昇格! 純粋に、思いっきり熱い涙を流したい人には、心の底からお勧めです。 今回の終わり方を見ると、続編がありそう。タイトルの 「Dr.コトー診療所2004」 を見ても、「2005」を期待してしまう。楽しみ。 3月に、このDr.コトー診療所 2004のDVDも発売されるらしいから、テレビで見逃した人は要チェック!
Dr.コトー診療所 2004 前編 / 後編
吉岡秀隆

ポニーキャニオン 2005-03-02
売り上げランキング 408
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る
2005/01/17 23:44 | Weblog | コメント(0) | Trackback(2) | pagetop↑
行ってきましたNBA - ペイサーズ vs サンズ
miller 「田臥を見に行きましょう!」と、自分が企画したNBA観戦。 同じ学部の友達を中心に、総勢12人でConsecofield Houseへ。 ご存じ、田臥はもういないわけだが、現在、NBAリーグトップのSunsとの対戦なだけに、好ゲームを期待していた。 1/9にSunsのホーム、Phoenixで行われた試合では、124-89でボロ負け。 今日はリベンジ!と意気込みつつも、正直、勝てないと思っていた。 結果は、大勝利! 今シーズン、Sunsが強くなった大きな理由は、ポイントガードのSteve NashがDallas Mavericksから移籍してきたからだ。 昨日まで、1試合平均11.1アシスト(リーグトップ)、15.4得点を記録し、 Sunsを31勝5敗のリーグ首位に立たせる原動力になっていた。 そのNashは、今日も第1Qから絶好調。 あっという間に7本中5本のシュートを決め、11分間で11得点をあげていた。 しかし、第2Q開始直後、左ふとももを痛め途中退場し、そのまま試合に戻らなかった。 そうなると、65%のフィールドゴール成功率で第1Qを32-23とリードしていたPacersのペース。 終わってみれば、101-83の快勝だった。 pacers Nashの試合運びを見るのも楽しみにしていただけに、残念ではあったが、 昔からテレビで見ていた、Reggie Millerの3Pシュートも生で見られて、満足だった。 ちなみに、Millerは今年8月で40歳になる。まだ現役で活躍している、というだけでも、拍手を送りたい (↑1枚目の写真は、Millerがボールを持っているところ)。 明日は、日本語学校の3学期初日(先週は雪で休校だったため)。 子どもたち(小学5年生)に会うのが楽しみだ。早く寝ないと…。 ●関連記事 サンズ司令塔S.ナッシュが左足を痛め途中退場 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=nba&a=20050115-00000303-ism-spo Without Nash, Suns succumb at Indiana's pace http://sports.yahoo.com/nba/recap?gid=2005011411
続きを読む
2005/01/15 15:01 | 田臥勇太・NBA・バスケ | コメント(3) | Trackback(0) | pagetop↑
雪の枝
snow ↓のタタミをきっかけに、久々にデジカメからPCに写真を取り込んだら、撮ったことをすっかり忘れていた上の写真、発見。 クリスマス明けに、隣町のアウトレットモールに行ったときに撮ったもの。 -10℃以下で、シャッター押すのも大変だった。 車で1時間ほどで行けるこのモール。 期待以上のラインナップだった。 帰国前にもう1回行って、ここでおみやげをそろえよう。 昨日の運動 バスケ(2 on 2など)90分間 今日の運動 バスケ(5 on 5)60分間
2005/01/13 11:50 | Photo | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
たたみ
たたみ いきなりですが、↑は何でしょう? 実は、これ、ポストカードなんです。 今日、授業から帰って、ポストを開けたら、タタミが! 裏を見たら、地元の親友から届いた、新年の挨拶でした。 久々のタタミに感動。Thanks!!
2005/01/13 10:33 | Weblog | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
イチロー 北野武 キャッチボール

イチロー×北野武キャッチボール、読了。 「同じ練習をしてても、何を感じながらやっているかっていうので、全然結果は違ってくるわけですからね」 というイチローの発言を、自分の勉強なり、他に取り組んでいることなりに、活かしていこうと思った。 たけしの、 「だからオイラ、『その商売の魚になれ』って思うんだよね」 というのも、非常に面白い。 もちろん、上記以外にも、いい部分はたくさんあったのだが、 全部読んでみて、2人に共通しているな、と思ったのは、 自分に正直なところ 少数派になることを恐れていないところ 自分の脳みそを使って考えているところ など。ただ、面白いだけでなく、考えさせられることの多い1冊だった。お勧め。
2005/01/11 18:38 | イチロー | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
田臥 ナゲッツの緊急補強候補に

田臥がNBA復活か!?(Yahoo!ニュース) あんどうたかおのNBAレポートでも言われているが、 今の田臥には、とにかくNBAでの経験が必要だ。 今回、ナゲッツと解約、ということになれば、絶好調のSunsにいた時よりも、出場時間は、明らかに長くなるだろう。 今週、Pacers vs Sunsの試合を見に行くので、田臥がSUNSにいないのは残念だが、 長い目で見れば、田臥本人のためには、Suns解雇もいいことだった、と言えるかもしれない。 比較的弱いチームで、どんどん経験を積んで欲しいものだ。 一刻も早いNBA復帰と、今後の成長、活躍を期待、応援したい。 田臥 ナゲッツの緊急補強候補に http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050111&a=20050111-00000014-spn-spo
2005/01/11 15:13 | 田臥勇太・NBA・バスケ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
新学期スタート/夢手帳
とうとう最後のSemesterが始まった。 3週間ぶりに顔を合わせた友達と、 "How was your holidays?" という、お決まりの会話に花が咲く。 今週中に、今学期、取る授業を確定させ、ここでも公表しようと思う。 留学生日記、のような内容の日もでてくるかもしれない。 「ほぼ日手帳」を使い始めて10日経ったが、非常に使いやすい。 「1日1ページ」書くスペースがあるのが、自分に合っている。 これに、熊谷氏が提唱する「夢手帳」の考えを取り入れて、自分なりに、使いこなしていきたい。
夢手帳☆熊谷式(クマガイスタイル)スターターパック
熊谷 正寿

日本能率協会マネジメントセンター 2004-12-10
売り上げランキング 196
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿

かんき出版 2004-03-24
売り上げランキング 208
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
今日の運動 バスケ(5 on 5)50分間
2005/01/11 14:09 | Weblog | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
キャッチボール ICHIRO meets you
キャッチボール ICHIRO meets you

ぴあ 2004-03
売り上げランキング 707

おすすめ平均
イチローが何を考えてプレーをしているのかわかる本
どんな人にも。
英知が詰まっています。

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
ヒット一本が、どれだけうれしいか。 この本も、日本から、友達に持ってきてもらった(ありがとうございます!)。 イチローに糸井重里が聞く、という形式で編まれた一冊。一気に読了。 以下、いくつか引用。 「目標を持って何かをしようとするとき、失敗を恐れずにトライしてください。もし失敗したら反省をし、その理由を考えていけば、それは必ず将来につながります」 2003年5月21日にアメリカの小学校で 「これからぼくがしたいことっていうのは、自分の理想を求めることなんです。 決して、人が求める理想を求めない。人が笑ってほしいときに笑わない。自分が笑いたいから笑う。」 去年、イチローが最多安打を達成した瞬間、ベンチからチームメートが祝福にかけつけた場面を見て、何度も涙した。 あの時のイチローは、間違いなく、「自分が笑いたい」から笑っていたし、最高の笑顔だった。 この本のおかげで、これから、ますます、イチローを見るときの「視線」が変わる。 シーズン開幕が楽しみだ。 これ(↓)も持ってきてもらったから、明日、読むことにして、寝ます。
イチロー×北野武キャッチボール
北野 武 イチロー×北野武「キャッチボール」製作委員会

ぴあ 2003-06
売り上げランキング 15,423
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools
今日の運動 バスケ(シューティングと 1 on 1)80分
2005/01/10 18:04 | イチロー | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
Mr.Children Tour2004 シフクノオト
Mr.Children Tour2004 シフクノオト
Mr.Children

トイズファクトリー
2004-12-21
売り上げランキング 9
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
年末年始を日本で過ごした友達に、↑このDVDを持ってきてもらった。期待通り、 かなりよかった!! 桜井さんが自分の曲、音楽に、どういう気持ちを込めているのか、 何を訴えようとしているのか、その辺を、インタビューで、少しだけ言っていた。 それがまた、単なる正論ではなくて、 背伸びをせずに、等身大の自分の中からでてきている言葉だった。 直接コンサートに行けなかったのは残念だが、 DVDのおかげで、ますますミスチルを好きになった。 ちなみに、桜井さん、坂本龍一氏、小林武氏を中心に結成された、 「Bank Band」(↓)のアルバムも、かなりお勧めです。
沿志奏逢
Bank Band

トイズファクトリー
2004-10-20
売り上げランキング 39,766
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
Bank Bandについては、「ap bank」のWebページを、是非、見て欲しい。
ap bankとは(Webページより引用) 「ap bank」は、普通の銀行ではありません。櫻井和寿、小林武史、坂本龍一の3人が拠出した資金を、自然エネルギー、省エネルギー、環境に関するさまざまなプロジェクトに融資する機関です。金利は1%、運営資金も自分たちで拠出する非営利組織です。 私たちは、今、世の中で使われているエネルギーを自然エネルギーに代替することは決して無理なことではないと考えています。また、みんなが地球のこと、自分たちの身の回りの社会のことを考えるようになれば、もっと暮らしやすい、居心地のいい未来が開けてくると信じているのです。 その未来のトビラを開いてくれるアイデアやプロジェクトを応援し、同時に、そのアイデアが生み出していく可能性をもっと知りたくて「ap bank」をつくりました。 これからこのサイトで、融資先を始めとした様々なプロジェクトを紹介していきたいと思っています。このサイトに訪れた方々は、身の回りの「ap bank」を必要としている人に、「ap bank」のことを知らせてください。そして、自分たちの未来は、様々な可能性に満ちていることを発見してもらえればと思っています。
2005/01/09 07:54 | Mr.Children | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
公共哲学とは何か
公共哲学とは何か
山脇 直司

筑摩書房
2004-05
売り上げランキング 16,396

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
今日、読み始めた。 感想などは、また後日。
2005/01/08 23:35 | Study | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。